結婚式ムービー制作業者

結婚式ムービーの相場と売れ筋の価格帯の正解とは!?ウエディングムービーの値段の付き方と安さの仕組みの裏側

Reasonable & Fast_リーズナブル_ウェディングムービー_おすすめ業者とおすすめクリエイター

結婚式ムービーは、1.5万円程度の安いものから10万円を超える高額なものまで、幅広い価格帯で販売されています。

 

ただ、ここまで価格に大きな開きがあると、高くても安くても心配になってしまうのですが、みなさんはいかがでしょう(*’ω’*)?

  • 安いものは中身が貧相なのでは‥‥?
  • 高いものってただのぼったくりじゃないの‥‥?

 

そんなウェディングムービーの相場は、基本的なタイプだと次の通りです(*’ω’*)!

【ウェディングムービーの相場】

  • オープニングムービー:1.5万~2.5万
  • エンドロールムービー:1.5万~2.5万
  • プロフィールムービー:2.5万~3.0万
ジーナ
ジーナ
概ね3万円/1本程度と思っておけば間違いない(*’ω’*)!

 

そして、上記にこだわり要素を追加していくことで、ムービーの価格は上がっていきます。

価格が上がるポイントは次の3つです。

  • テンプレート使用&素材の量:規定の点数内に納める or 大幅に増やす
  • テンプレート使用&素材の種類:写真を使う or 動画を使う
  • テンプレート未使用:フルオーダーで作る(撮影込み)

一般的に、ムービー制作会社が手を抜くことで低価格にしたり、ネームバリューによって高額になることはありません。

ムービーの価格は、制作に掛かる作業量によって変わると思っていれば問題ないです。

 

そして、最も高額になるケースは、「テンプレートを使わない=最も手間暇の掛かる」フルオーダータイプのムービーです。

ジーナ
ジーナ
オーダーメイドだから高くて当たり前!

 

▼拘りポイントと価格帯の目安

価格帯 テンプレート 素材数 素材タイプ
2万~3万 標準(20~30枚) 写真
3万~10万 多め 写真
10万~ 多め 動画・写真

 

ちなみに、昨今のウェディングムービーはテンプレートの種類が豊富で、高品質なものが多いです。

余程拘りが無ければ、スタンダードなタイプで制作しても、想像以上の素敵な仕上げに感動すると思いますよ(*’ω’*)。

 

ということで、ジーナのおすすめ価格帯はズバリ次の通り(*’ω’*)!

2万~3万円程度/1本のテンプレートタイプ

ジーナ
ジーナ
実際、このラインが一番売れてる

 

ムービー1本が2万~3万と聞くと、式場で販売されているムービーに比べて「激安すぎて不安!」と感じる人もいるかもしれませんが、全く心配ないですね(*’ω’*)。

ジーナ
ジーナ
プロのムービーには、ベースになるテンプレートがあるので品質劣化が起こりません!

 

なお、この記事では、以下の点についてもう少し掘り下げて説明していきます。

  • 式場販売のムービーが高額な理由とは?
  • 安価でも高品質なムービーを提供できるテンプレートとは?
  • テンプレートタイプのメリット・デメリットとは?
  • 拘りポイントが高額になる理由とは?

ムービーの価格に迷われていた方は、ぜひ最後までご覧いただき、自信をもってリーズナブル&高品質なムービーを発注してください。

 

もしくは、上手に拘りポイントを加算して、さっさと適切なムービー制作を依頼してください(*’ω’*)!

 

▼最新版 人気の結婚式ムービー制作業者10社の特徴・価格・サービスなどをまとめて比較しました(*’ω’*)!後悔しない業者さん探しをしている方は、是非お立ち寄りください!

【最新版】人気の結婚式ムービー制作業者の価格や仕様がまる分かり! 厳選10社を徹底比較&最強コスパランキング結婚式ムービーは自分で頼むと1/2のコスト削減が可能です!ちなみに、業者比較は結構大変ですが、ムービーのテイスト・価格・キャンペーン情報・オプションなど、人気10社の情報を集約し、徹底比較してみました!是非、お役立てください。...

式場で発注するムービーの相場と高額になる理由

結婚式場でムービーを発注した時の相場は以下の通りです。

  • 5万円~10万円/1本
ジーナ
ジーナ
自分で発注した場合と比べると約2倍っ

 

ウエディングムービーは、式場経由で申し込むと間違いなく高額になります。

それは、式場で発注するムービーが高品質だからではありません

 

【式場オプションの仕組み】

式場では、様々なサービスをオプションで利用できますが、実態は提携業者が執り行います。

そして、式場は中間マージンで利益を得ます。

ウエディングムービーも例外ではなく、式場のマージン+業者のムービー制作費用が、新郎新婦に請求されます。

通常、ウエディングムービーのマージンは50%程度と言われていますから、式場ムービーのスタンダード価格 7万~8万のムービーは、業者販売価格だと3.5万~4万円程度ということになります。

 

単価の小さいペーパーアイテム等と違い、数万円~数十万円規模のウエディングムービーでは、マージンもムービーと同額数万円~数十万円に膨らむことになります。

ジーナ
ジーナ
単純に通常販売価格の倍っ!

 

ウエディングの節約術で、ウエディングムービーの「自作」か「自分で発注」すること真っ先に挙げられるのはこういった事情です。

【持ち込み手数料について】

  • 最近はほとんどありませんが、式場によっては、ムービーの持ち込みに「持ち込み手数料」が必要なケースがあります。

持ち込み手数料が発生する時には、次の2点を検討しましょう(*’ω’*)。

  1. 式場から提案されたムービーのテイスト好み?
  2. 自分で注文した費用+持ち込み手数料の合計:式場発注時の金額どっちがお得?
ジーナ
ジーナ
上記2点の天秤ですね。

 

ちなみに、ウエディングムービーの発注方法は、とてもシンプルにマニュアル化されています。

一般の人でも簡単にやり取りできるフォーマットになっていて、アンケートに答える感覚で、発注・チェック・納品とすすめられます(*’ω’*)!

ジーナ
ジーナ
迷わない!手間もない!

また、納期までに1ヵ月以上の余裕をもって依頼できると、業者も選べますし、早期申込割引が適用されるケースもあるなど、お得しかありませんのでおすすめです。

  • ウエディングムービーは自分で発注することで、式場発注に比べて1/2の経費削減が可能。
  • 発注は、出来るだけ早めに行うことで、割引やキャンペーンの対象になりやすい。

 

\3本セット割引で27,600円オフ!高品質ムービーのナナイロ/

 

高品質×リーズナブルを実現するテンプレートの仕組み

ウエディングムービーは、高品質なテンプレートを使って作られるのが一般的です。

 

テンプレートとは、動画の背景素材エフェクトが、予めセッティング済みのひな形の事です。

主に次の素材で構成されています。

【固定素材】

  • 背景画像orアニメーション
  • エフェクト

【差し替え素材】

  • テロップ:フォント・テキスト
  • 写真や動画:20枚~30枚
  • BGM:パッケージによっては変更できないことも有り

 

テンプレートは、プロの映像デザイナーが作り込んだ汎用性の高いフレームで、品質を維持したまま、簡単にオリジナルムービーを仕立てることができます。

ジーナ
ジーナ
超優秀です!

 

図解で理解!?テンプレートとは

▼ありがちな、ウエディングムービーの一コマを例に分解してみます(*’ω’*)!

こちらの素敵なカップルの写真が納まっているフレームは、テンプレート画像を差し替えて作ったものです。

 

 

▼この素敵なテンプレート、実はテキスト素材・穴の空いた背景画像・写真でできています。

 

 

▼動画データの中では、以下のように順番に素材が重なっていて、1方向から見ることで、1枚の絵のように見える仕組みなんですよね(*’ω’*)。

 

 

▼完全に合成されたように見えますが、実際には画像データは独立しているので、画像などの素材の差し替えが、一瞬で出来ます。

 

 

▼ほれこの通り!before⇒after!

テンプレートタイプのムービーだと、写真・テキスト・BGM差し替えがメインの作業なので、ムービーの構成を変えることなく、比較的簡単にムービーを作ることができます。

ジーナ
ジーナ
品質が劣化しない秘密は、テンプレートを使っているから!

 

  • 上記は、一般家庭向けの動画編集ソフト:パワーディレクターに初期搭載のウエディング用テンプレートをサンプルとして作ってみました(*’ω’*)!

「こんな簡単に出来るんなら自作してみようかなっ!!」と、興味を持たれた方はこちらの記事もご覧ください。

ウェディング・余興ムービー自作に超最適な動画編集ソフト2選! 初めての自作でも安心の1万円以下&最強スペックウェディングムービー・余興ムービーを作る方におすすめの動画編集ソフトは1万円程度で利用できます!しかも初心者にも扱え、有料の素材10万円以上が使い放題の、最強のソフトです。そんなウェディングムービー向けソフトの選び方のポイントも含め、紹介していきます。...

 

 

テンプレートタイプのムービー制作の基本は、画像などの素材差し替えテキストの変更になります。

ただ、プロは以下の様な細かい微調整も行います。

  • BGMに合わせたタイミング合わせ
  • テキストの長さに合わせたタイミング合わせ
  • 画像の枚数に合わせたタイミング合わせ
  • 全体的なバランスを整える微調整
  • 購入者の希望に合わせた変更
  • ‥‥etc

 

超リーズナブルなのに、短期納品と高品質を維持出来るのは、テンプレートプロのテクニックが成せる業なんですよね(*’ω’*)!

 

▼最新版 人気の結婚式ムービー制作業者10社を徹底比較!どこよりも濃い情報で、好みの業者がきっと見つかります(*’ω’*)!

【最新版】人気の結婚式ムービー制作業者の価格や仕様がまる分かり! 厳選10社を徹底比較&最強コスパランキング結婚式ムービーは自分で頼むと1/2のコスト削減が可能です!ちなみに、業者比較は結構大変ですが、ムービーのテイスト・価格・キャンペーン情報・オプションなど、人気10社の情報を集約し、徹底比較してみました!是非、お役立てください。...

 

おすすすめ価格帯 テンプレートムービーのメリット・デメリット

テンプレートタイプのウエディングムービー メリット

メリットは次の通り(*’ω’*)!

  • 圧倒的に安い。
  • 確実に高品質。
  • 失敗しない。
  • 事前にチェックしたサンプルとの乖離がない。
  • 納期が速い。

式場制作も含め、10万円以下のウエディングムービーはほぼテンプレートタイプです。

文字通りの実績品質も折り紙付きで、どんなウエディングでもネガティブな評価になることはまずないです。

 

対して、自作を含めたオリジナルムービーは、プロが作った場合でも、当たり外れが顕著で、当日上映するまで成否は分かりません( ゚Д゚)。

  • リーズナブルなのに高品質で、まず失敗しないのがテンプレートタイプのムービーです(*’ω’*)!
ジーナ
ジーナ
基本、イイ事しかない!

 

▼プロのウエディングムービーは、即納納品をも可能にします。ただ、ムービー発注は早いに越したことはありません(*’ω’*)!

「式まで10日もないっ!自作も無理っ!?」お急ぎも可能な おすすめ結婚式ムービー制作会社3選「残り1週間でムービー作って欲しい!」そんな要望は普通にあります。そして、対応可能な業者もいます。今回は、即応対応だけど高品質な業者さんをピックアップしてみました。折角の晴れ舞台だもの。質だって妥協はしたくないですよね。...

 

テンプレートタイプのウエディングムービー デメリット

デメリットは次の通り(*’ω’*)!

  • 動画素材への対応は苦手。
  • 素材点数に制限がある。
  • 特に安価なラインナップだと、BGMの変更ができない場合がある。
  • 構成の変更不可。
  • オリジナル性の盛り込み困難。
  • テンプレートかぶりの可能性。

 

動画素材について

ほとんどのテンプレートは動画対応しません

無理に合わせる方が、面倒が大きくなるので、背景付きのテンプレートを使うのは諦めましょう。

【解決法】

  • 動画でも差し支えない背景なしのテンプレートに変更する。
  • テンプレートを使わずに動画制作をする

まぁ、どんなタイプでも、やりようはありますが、手間暇(=コスト)の方が大きく、フルオーダーで依頼した方が安く上がることも有るでしょう。

まずは業者さんに相談してみてください(*’ω’*)!

 

規定以上の素材点数

1秒間に人間の目認識できる画像の数は限られています。

限られた尺に詰め込んでも、あわただしいムービーにしかなりませんので、テンプレートを変更するのが無難です。

【解決法】

  • 大量の画像を盛り込めるテンプレートに変更する。

このパターンは、単純にテンプレートを変えると解決します(*’ω’*)。

3万円~7万円程の価格帯になると、大量の画像を無理なく詰め込める、見ごたえのあるテンプレートが豊富にあります。

落ち着いて探してみてください(*’ω’*)。

 

テンプレート被りについて

オンリーワンにこだわる人が気になるのは、人とのテンプレート被りでしょう(*’ω’*)。

ただ、ウエディングムービーのテンプレートは世の中に莫大にあるので、現実問題として身近な人と被る事はそうそうないです。

  • 万一被ったとしても、BGM・主役の写真・テキストが全て違うと、ムービーの印象は驚くほど変わります

それでも気になるんだったらしょうがない(*’ω’*)!

ジーナ
ジーナ
お金を積んでフルオーダーしましょう!

 

折角の晴れ舞台ですし。

どうしても気になる方は、ちょっとお値段出してフルオーダーするか、頑張って自作しましょう(*’ω’*)!

 

動画素材のムービーが高額になる理由

動画素材を使ったムービー制作は高額です。

主な理由はふたつ。

  • ムービーのための撮影が伴う。
  • 写真と違い、編集に時間がかかる。

 

「写真と動画ってそんなに違うの?」と思うかもしれませんが、動画素材でムービーを作るのと、写真素材でムービーを作るのを比較すると、軽く5倍ほどの手間が動画素材だとかかります( ゚Д゚)。

 

動画素材って、長時間撮影してても、使えるのはほんのちょっとなんですよね。

しかも、そのちょっとを抜き出すために、全部を見なきゃいけないんです。

‥‥( ゚Д゚)!

その手間を出来るだけ少なくするのが、ストーリーに沿って「撮影」することだったりするんですが、写真と違って素材を一覧でみることもできないので、どうしても時間も手間もかかるんです。

【動画ムービーが高額になる理由】

  • 撮影の経費が掛かるから
  • 編集に膨大な時間がかかるから

素材は、動画より写真の方が、はるかに編集難易度は低いんです(*’ω’*)!

 

\3本セット割引で27,600円オフ!高品質ムービーのナナイロ/

結婚式ムービーの相場と価格帯 まとめ

結婚式ムービーの相場は、ニーズによって3つのラインが目安になります(*’ω’*)!

 

【最もおすすめのライン】

  • 結婚式ムービーは、2-3万円/1本のものが、品質・上映のテンポ・価格バランスがよく、一番のおすすめです(*’ω’*)。

\このラインのイチ押し!ナナイロウエディング/


【大量の写真を使いたい人】

  • 3万~5万円/1本ラインが相場です。少し予算を見積もりましょう(*’ω’*)。

 


【動画素材を使った撮影&フルオーダーで制作したい人】

  • 10万円~20万円/1本は妥当です。
  • 上を目指すとキリはありませんが、通常なら20万を超えることなく制作出来る事がほとんどです(*’ω’*)。

 

▼拘りポイントと価格帯の目安

価格帯 テンプレート 素材数 素材タイプ
2万~3万 標準(20~30枚) 写真
3万~10万 多め(~100枚) 写真
10万~ 多め 動画・写真

 

 

そして最後に。

可能な限り、ウエディングムービーは自分で作る発注しましょう(*’ω’*)!

ジーナ
ジーナ
たぶん、一番簡単に大きなコストカットができるので!

 

以上、ウエディングムービーの相場価格のお話でした。

 

皆さんの疑問が少しでも解消できたら幸いです(*’ω’*)!

 

▼最新版 人気の結婚式ムービー制作業者10社の特徴・価格・サービスなどをまとめて比較しました(*’ω’*)!後悔しない業者さん探しをしている方は、是非お立ち寄りください!

【最新版】人気の結婚式ムービー制作業者の価格や仕様がまる分かり! 厳選10社を徹底比較&最強コスパランキング結婚式ムービーは自分で頼むと1/2のコスト削減が可能です!ちなみに、業者比較は結構大変ですが、ムービーのテイスト・価格・キャンペーン情報・オプションなど、人気10社の情報を集約し、徹底比較してみました!是非、お役立てください。...