パワーディレクターの使い方

ズームもパンも変幻自在!複雑なカメラワークもさくっと実現 パワーディレクターのズーム&パン 操作方法

Zoom & pan_ズーム&パン_パワーディレクター_操作方法_チュートリアル
ディレクタースイート365-1     パワーディレクター+フォトディレクター

 

ズーム(拡大/縮小)は、ぜひ使いたい動画編集のテクニックです。

 

そして、ズーム(拡大/縮小)と抱き合わせて使う機会が多いのが、パンと呼ばれるカメラワークです。

ビデオ

 

他社では、エフェクトの呼称にもなるほど大人気な「ズーム&パン」を、パワーディレクターで実現する方法について、説明していきます。

 

パワーディレクターがあれば、次のようなズーム&パン加工は思いのままです(*’ω’*)!

 

こちらの動画は、静止画像を使って以下の処理をしています。

【上記動画で使っている機能】

  • 前半:ズーム
  • 後半:ズーム&パン
  • その他?:BGMと左端に見えるタイトルクリップ
ジーナ
ジーナ
極力シンプルに!ズームとパンのみのムービーです。

 

パワーディレクターの「ズーム&パン」は、とても自由度が高い機能なので、ぜひマスターしておきたいテクニックです(*’ω’*)!

人差し指

 

\お試し版ダウンロードはこちらからどうぞ/パワーディレクター+フォトディレクター\ 無料版をダウンロード /
CyberLink オフィシャルサイト

 

ズーム&パンとは

ちなみに、「ズーム&パン」の「パン」って、何のことだかご存知ですか(*’ω’*)?

顔出し

実は、ジーナは意味不明過ぎて色々と調べてしまいましたが、結論からいうと、拘る部分ではありませんでした。

動画編集しかしない人は、次の様に覚えておけばよいです(*’ω’*)。

  • フレーム(動画素材)を上下左右に振る動きズームイン・ズームアウトが一緒に出来る設定項目のこと

 

▼もっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください(*’ω’*)!

Director GNA_explain_dictionary_ジーナ苑_動画編集ソフト_用語集
動画編集ソフトのインターフェース タイムラインや操作ウィンドウで使う基本用語をわかりやすく解説したジーナ苑(無料) 出来るだけ図解! パワーディレクター・フィモーラ・モバビ共通動画編集ソフトに関連した汎用性のある&よく聞かれる用語について解説しています。できるだけ図解も盛り込み、分かりやすく説明していますので、不明なワードがあるときには覗いてみてください。※情報は適宜、加筆・修正していきます。...

 

パワーディレクターのズーム&パン

ズームの種類

ズームと一括りにしてしまいますが、ズームには2つの種類があります。

【2種類のズーム】

  1. フレーム(素材)の中心点に焦点を定めて、「拡大/縮小」を行うものパワーディレクター_ズーム_種類
  2. フレーム(素材)の中心点以外に焦点を定めて、「拡大/縮小」を行うもの
パワーディレクター_ズーム_フレーム移動_種類

 

一般的にはどちちもズームと呼びますが、データの処理方法が違います。

 

は、ただ単に縮尺を変えた処理です。

本来、ズーム機能とは、のように中心点に向かって縮尺を変える処理の事を指します。

  • ズームとは、縮尺を変える処理(拡大/縮小)の事です。
ジーナ
ジーナ
システム的なズームとなると、実はこちらなんですよね(*’ω’*)。

 

 

そして、②ズーム処理①との違いは、「ズーム処理だけではなく、フレームの移動も同時に行っている点」です。

2つの工程が必要な「拡大/縮小」の処理

▼②の処理を図解するとこうなります(*’ω’*)。

パワーディレクター_ズーム_種類_ズーム&パン_裏の処理.1
  1. 拡大したいポイントが中心点になるようにフレーム(素材)を移動
  2. 拡大処理
ジーナ
ジーナ
パワーディレクターでは、「フレームの移動」と「拡大/縮小」は、それぞれに処理を指示します(*’ω’*)!

 

ちなみに、よく使うズームは、②のパターンが多いです。

基本的に、ズーム(拡大/縮小)&パン(フレームの移動)には、2つの処理が必要だと理解しておきましょう(*’ω’*)!

  • ズームとは、中心点に向かって拡大/縮小する機能のこと。
  • パン(中心点を変えたい)したい場合は、フレームを移動して、中心点をセットしなおす処理が別途必要。

 

ディレクタースイート365-1\ お得&キャンペーン価格 /
Cyber Link (PowerDirector)オフィシャルサイト

 

パワーディレクターのズーム(拡大/縮小) 基本操作

パワーディレクターでは、ズームもパンも「キーフレーム」という、細やかな機能を使います。

 

最初は操作に戸惑うかもしれませんが、キーフレームを使うコツはたった一つです(*’ω’*)!

  • 操作の順番を正しく行う
ジーナ
ジーナ
本当にこれだけ。されどこれだけ(*’ω’*)。

 

キーフレーム 拡大/縮小 操作方法

①「キーフレームの設定」ウインドウを起動

キーフレームは、「キーフレームの設定」ウインドウで行います。

▼起動方法は次の通りです。

  1. 設定したいクリップを選択
  2. 「キーフレーム」を選択
  3. 「クリップ属性」の▷(右三角)をクリック
パワーディレクター_キーフレーム起動画面_簡易操作イメージ_共通

 

▼起動方法について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

keyframe_キーフレーム_モーション系_操作方法_回転_拡大_縮小_フリーフォーム_位置
【キーフレーム】を使ってオリジナルアニメーションを自由自在に作成する!モーション系 キーフレーム基本操作 徹底解説 拡大/縮小(パン&ズーム)・回転・フェード・移動 ・フリーフォーム パワーディレクターソフトに標準装備のモーションを、自由に作れるとしたら便利じゃないですか?キーフレームという設定機能を使うと自由度の高いモーションが作り放題になります。パワーディレクターを使ったモーション系のキーフレームの操作方法、キーフレームとは?をまとめました。ぜひお役立てください。...

キーフレームが設定できないクリップは、ツールバーに「キーフレーム」のメニューは表示されません。

 

②開始ポイントにキーフレームを追加する

▼クリップの一番初めにスライダーを持っていきます。

ジーナ
ジーナ
基本です。操作に慣れた方は、自分の好みの開始点から始めてください(*’ω’*)。
パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_キーフレームの設定_スライダーの移動

 

▼拡大/縮小を調整するメニューは、「高さ×幅」のパラメータです。

パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_ズーム_パラメータ調整_インターフェース

 

▼高さ・幅パラメータの上部にある「◁◆▷」の、◆部分をクリックします。

パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_ズーム_キーフレームの追加

▼開始点に、青いキーフレーム「」が表示されたらキーフレームの追加完了です。

パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_ズーム_パラメータ調整_キーフレーム追加
ジーナ
ジーナ
開始ポイントへのキーフレーム追加は以上です(*’ω’*)!

 

③拡大/縮小の初期時パラメータを調整する

先ほど設定したキーフレーム時点でのパラメータを設定します。

今回は、クリップの一番最初に一つ目のキーフレームを設定したので、これからクリップに加える変更が、クリップの初期パラメータになります。

 

▼拡大/縮小(高さ×幅)は、「キーフレームの設定」への値入力(スライダーor直接入力)か、プレビューウインドウのフリー調整で行います。

パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_ズーム_パラメータ調整_直接入力_プレビューウインドウで入力

 

▼縦横比を固定したくない場合は「□縦横比を維持」チェックを外します。

パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_ズーム_パラメータ調整_縦横比を維持
パラメータ調整

「キーフレームの設定」で確認できるクリップのパラメータは、プレビューウインドウと連動しています。

ジーナ
ジーナ
どちらで設定してもよいという事!

【「キーフレームの設定」ウインドウ】

  • ウインドウ内の数値倍率表示です。
  • □縦横比を維持にチェックしている場合、スライダー・直接入力共に、調整するのは高さor幅のいづれかのみでよいです。
  • イーズイン・イーズアウトは、長めのモーションでないと効果をほとんど感じられません。今回は使用しませんがお好みで使ってみてください(*’ω’*)。

【イーズイン・イーズアウトとは】

  • イーズイン:効果を減速するエフェクト
  • イーズアウト:効果を加速するエフェクト

興味がある人はお試しあれです(*’ω’*)!

 

▼より直感的に操作するならプレビューウインドウ(*’ω’*)!

 

 

  • 拡大/縮小の操作は「キーフレームの設定」内のスライダーか値入力で行うのがおすすめです(*’ω’*)!

拡大/縮小は、位置のパラメータと一緒にセットすることが多いのですが、プレビューウインドウで拡大/縮小をすると、位置のパラメータが変わってしまうからです(*’ω’*)。

 

④次の変更ポイントにキーフレームを追加する

先ほど設定した初期パラメータが、何秒後どれくらいの縮尺にしたいかを設定します。

手順は初期パラメータの設定と同じく次の通りです。

  1. キーフレームを希望ポイント(時間)にマーキング
  2. マーキングした時点で表示させたいパラメータを設定

▼キーフレームを追加したいポイントにスライダーを移動します。

パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_キーフレームの設定_スライダー

 

▼高さ・幅パラメータの上部にある「◁◆▷」の、◆部分をクリックします。

パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_ズーム_キーフレームの追加

 

▼スライダー上に、青いキーフレーム「」が表示されたらキーフレームの追加完了です。

 

以上です(*’ω’*)。

 

⑤追加したキーフレーム時(拡大/縮小)パラメータを調整する

先ほど追加したキーフレームポイント時点のパラメータを設定します。

 

▼設定方法は③と同じですが、ジーナは値変更が好きです。

今回は、高さを1.5倍に直接入力して、サクッと拡大しています。パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_ズーム_パラメータ調整_パラメータ調整

  • このクリップは縦長のサイズなので、フィットサイズの基準は「高さ」になっています。
  • つまり高さ=1.0(倍)がデフォルトの縮尺です。

 

基本的なズーム設定はこれで終了です(*’ω’*)。

  • 2点間のキーフレームの設定が完了すると、前回のポイントに設定したパラメータから、今回のポイントに設定したパラメータへ、クリップのパラメータが徐々に変化します。

 

⑥プレビューウインドウでチェック 完了

設定が完了したら、プレビューウインドウの再生ボタンで再生してみましょう(*’ω’*)!

パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_ズーム_パラメータ調整_purebyu-

 

▼上記の設定では、0秒:1倍⇒3秒:1.5倍へと変化する動画ができます(*’ω’*)!

パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_ズーム_ムービー変化画像

 

縮小は、パラメータの倍率をマイナスに変えて行います。

ジーナ
ジーナ
操作方法は全く同じなので割愛します(*’ω’*)!

 

チュートリアル パラメータ&サンプル動画

上記までの設定だと、1倍⇒1.5倍だけなので、動画にしても面白くありません。

改めて、ズーム(拡大/縮小)のみを連続設定した動画を作ってみましたので、パラメータと動画の変化をご覧ください。

女性-3

写真一枚あれば全く同じ設定が可能です(*’ω’*)!

▼ズーム設定のみムービー

 

このムービーのキーフレーム設定は次の通りです。

上記ムービーのキーフレームパラメータ

▼まずはパラメータから…ん?数値読まなくていいですよ。この画像は雰囲気だけ。

パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_ズーム_ムービー変化_パラメータサンプル

▼上記キーフレームのタイムと倍率は以下の通りです(*’ω’*)!

ちなみに、クリップの長さは約48秒です。たくさん追加したので2列になりました。

0 3 6 9 12 15 18 19 20 21 22 23 26
倍率 1 1.5 1 3 1 6 1 1.5 1 3 1 6 1
29 32 35 38 41 42 43 44 45 46 47
倍率 0.5 1.5 0.5 6 0.5 1.5 0.5 3 0.5 6 1

※秒=経過時間/倍率=高さの倍率…0秒時点では1倍、3秒時点では1.5倍の設定という意味です(*’ω’*)!

 

このムービーは音ハメなどもしていないので、3分もあれば十分できます(*’ω’*)!

興味のある方は、ぜひ楽しんでみてください(*’ω’*)!

 

超速な作業は、最適なショートカット使いが下支えしてくれます。興味のある方はこちらもご覧ください。

Usable shortcuts_おすすめショートカット_パワーディレクター_使い方_初心者_直感操作
【初心者にもおすすめ!】一度使うと手放せなくなる直感的操作感!本気で使えるパワーディレクターのおすすめショートカット&小技集パワーディレクターの、本当に使えるショートカットを紹介します。直感操作=マウスと思っている人は甘いです。キーボードのショートカット1つでも2つでも使えるようになると、とんでもなく直感操作に近づきます。ぜひご参照ください。これを知ると、ショートカットキー無しでは編集できない身体になってしまいます。...

 

拡大/縮小 変化スピード 調整方法

上記サンプルムービーのパラメータは、体感スピードの変化を理解してもらえるよう、敢えて様々な組み合わせをしています。

スピードメーター
ジーナ
ジーナ
同じリズムなのに、早く見えたり遅く見えたりしませんでした(*’ω’*)?

 

拡大/縮小設定の体感速度は、次の二つの要素の掛け合わせコントロールできます。

【変化スピードの見え方に影響する2つの要素】

  • キーフレーム間の時間
  • キーフレーム間のパラメータの変化量

▼詳しくお知りになりたい人は、こちらもご覧ください。

keyframe_キーフレーム_モーション系_操作方法_回転_拡大_縮小_フリーフォーム_位置
【キーフレーム】を使ってオリジナルアニメーションを自由自在に作成する!モーション系 キーフレーム基本操作 徹底解説 拡大/縮小(パン&ズーム)・回転・フェード・移動 ・フリーフォーム パワーディレクターソフトに標準装備のモーションを、自由に作れるとしたら便利じゃないですか?キーフレームという設定機能を使うと自由度の高いモーションが作り放題になります。パワーディレクターを使ったモーション系のキーフレームの操作方法、キーフレームとは?をまとめました。ぜひお役立てください。...

 

キーフレームコントロール 変更・削除 操作方法

一度設定したキーフレームは、簡単変更・削除ができます(*’ω’*)!

コントローラー

怖れずガシガシ触っていきましょう。

▼操作方法など、詳しくお知りになりたい人はこちらをご覧ください。

keyframe_キーフレーム_モーション系_操作方法_回転_拡大_縮小_フリーフォーム_位置
【キーフレーム】を使ってオリジナルアニメーションを自由自在に作成する!モーション系 キーフレーム基本操作 徹底解説 拡大/縮小(パン&ズーム)・回転・フェード・移動 ・フリーフォーム パワーディレクターソフトに標準装備のモーションを、自由に作れるとしたら便利じゃないですか?キーフレームという設定機能を使うと自由度の高いモーションが作り放題になります。パワーディレクターを使ったモーション系のキーフレームの操作方法、キーフレームとは?をまとめました。ぜひお役立てください。...

 

ズーム スペック

パワーディレクターで設定できるズーム性能は次の通りです。

まっちょ

【パワーディレクター ズーム性能】

  • 最小:0%
  • 最大:600%

規定値以上の値を入れても、最大値に自動修正されます(*’ω’*)。

 

パワーディレクター+フォトディレクター\ お得&キャンペーン価格 /
Cyber Link (PowerDirector)オフィシャルサイト

 

パワーディレクターのパン 操作方法

キーフレーム 位置 操作方法

位置の操作方法もキーフレームを使って行います。

キーフレームの設定方法自体は、拡大/縮小と同じ操作を行います。

 

▼異なるのは次の2点です。

  • 位置パラメータのある場所
  • フレームの移動方法

 

▼操作方法について、もう少し詳しくご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

keyframe_キーフレーム_モーション系_操作方法_回転_拡大_縮小_フリーフォーム_位置
【キーフレーム】を使ってオリジナルアニメーションを自由自在に作成する!モーション系 キーフレーム基本操作 徹底解説 拡大/縮小(パン&ズーム)・回転・フェード・移動 ・フリーフォーム パワーディレクターソフトに標準装備のモーションを、自由に作れるとしたら便利じゃないですか?キーフレームという設定機能を使うと自由度の高いモーションが作り放題になります。パワーディレクターを使ったモーション系のキーフレームの操作方法、キーフレームとは?をまとめました。ぜひお役立てください。...

 

パワーディレクターのズーム&パン 操作方法

ズーム&パン 設定時の注意点

パワーディレクターでは、ズームパンは、それぞれにキーフレーム設定が必要になります。

個別設定ができることには次のメリットがあります。

【個別設定メリット】

  • 繊細な調整が可能になります。

ズームとパンの変化ポイントをずらすことも可能になるので、ずらすことによる滑らかな変化複雑な表現が可能になります。お絵描き

 

なお、慣れないうちは、次の点に注意しておきましょう。

  • キーフレームを設定しないと、パラメータ変更は反映しません。

例えば、「高さ・幅」のキーフレームのみ設定したクリップに対し、「高さ・幅」に加え、「位置」のパラメータ変更を併せて行っても、「位置」の変更は反映されません

女性_棒

 

 

ちなみに、上記注意点には対策方法があります。

どの操作がどのパラメータになるのかが分からないうちは、次の方法をとるのがおすすめです(*’ω’*)。

  • キーフレーム設定時、0秒時間にすべてのパラメータのキーフレームを追加しておく。
パワーディレクター_キーフレーム_操作方法_ズーム_パラメータ調整_キーフレーム追加

上記対策により、設定漏れが防げます。

また、変な調整をしていると「キーフレームの設定」ウインドウで変更履歴(変更タイミングで自動的にキーフレームが追加される)が確認できるようになり、操作とパラメータの関係性も理解し易くなります。

ジーナ
ジーナ
誤操作が経験値になる!

 

(拡大/縮小)&移動 組み合わせ サンプルムービーとパラメータ

せっかくなので、ズーム&パンを組み合わせた簡単なムービーを作成してみます。

女性-3

今回、作ってみようと思ったのは次のムービーです。

 

パワーディレクターで作る ズーム&パン プラン

ざっくりとでも、イメージを描き起こすと作りやすくなります。

そして、パワーディレクターなら、やりたいイメージがおおむね実現できるので、やってて楽しいです(*’ω’*)!

 

①初期値を、画面中央下付近のアップにします。そこから緩やかなズームをしながら②お顔へ移動し、③クリップ全体が収まるように縮小します。

パワーディレクター_ズーム&パン_チュートリアル_デモムービー_構成イメージ1

▼続いて④目を中心にズームを行い、一瞬緩やかに停滞したのち、⑤一気に目の中心に向かって極大ズームして終了します(*’ω’*)!

パワーディレクター_ズーム&パン_チュートリアル_デモムービー_構成イメージ2

ちなみに、縮尺イメージは元のフレームサイズを参考にしていますが、ズーム時にカットはしません(*’ω’*)。

ジーナ
ジーナ
あくまでもラフ案ということでご理解くださいませ。

 

 

さて、どうなる事やら(*’ω’*)!?

 

▼出来たムービーはこちら。

 

ジーナがイメージしたとおりに出来ました(*’ω’*)!

 

▼実は、ズームのスペックを書き込んだ時から補足しようと思ってた構想を、ムービーに盛り込んでいます。

【番外編:最大ズーム6倍の壁を破る方法】

最期のシーンは、6倍を超えるズームを表現しています。

実現させるためのひと手間は次の通りです。

  1. 6倍ズームしたフレームを「静止画として保存」
  2. 保存した画像を元素材として、更に6倍ズーム
  3. 上記を2回実施

以上(*’ω’*)!

 

▼パワーディレクターには、プレビューウインドウの下にあるカメラマークで、ムービーをキャプチャ&プロジェクトに保存する機能があります。

パワーディレクター_静止画として保存機能

「動画さえ撮っておけば、写真はいらないのでは!?」と、ジーナが思ってしまった機能です。

実際には、一瞬のデータ量画質は、写真には敵いませんでした(*’ω’*)。

ジーナ
ジーナ
とはいえ優秀なアシスト機能であることは間違いありません(*’ω’*)!

 

 

 

上記ムービーのキーフレームパラメータ
  • 位置パラメータは上記に明記したプランをご参照下さい。以下の「1つ目のクリップ」表にも採番していますので、併せてご確認ください(*’ω’*)。
  • 位置と拡大/縮小のキーフレームポイントは同じところに追加しています。

 

1つ目のクリップ(再生時間 12.5秒)

位置番号
0 3 6 9 12 12.5
倍率 4 2.5 1 4 3.5 6

▼2つ目のクリップ(再生時間 0.2秒)

0 0.2
倍率 1 6

▼3つ目のクリップ(再生時間 0.1秒)

0 0.1
倍率 1 6

 

※秒以下の端数はフレームレートに拠るのでアバウトです(*’ω’*)!

▼フレームについて詳しくお知りになりたい人は、こちらをご覧ください。

frames per second_フレームレート_適正値
動画出力時のフレームレート(fps) シーン別適正値一覧&適正値を導く考え方フレームレートとは、1秒間を構成する画像(フレームデータ)を何枚するか?を数値で表したものです。fpsで表します。日本だと、動画編集後の出力ファイルに設定する値としては、24fpsか30fpsで設定するのがオーソドックスであり、無難ですね(*'ω'*)!...

 

人物の写真が1枚あれば、同じようなムービーが作れます(*’ω’*)!

 

\お試し版ダウンロードはこちらからどうぞ/パワーディレクター+フォトディレクター\ 無料版をダウンロード /
CyberLink オフィシャルサイト

 

パワーディレクターのズーム&パン まとめ

パワーディレクターのズームパン自由度の高さは、キーフレームという機能の恩恵です。

女性_棒

キーフレームは、手順を守ると面白いように自由自在に操作できます。

また、誤操作しても落ち着いて見返せばきちんと読み解けます(*’ω’*)。

 

パワーディレクターに触れる機会を持てたのであれば、ぜひマスターしてほしいおすすめ機能ですよ。

ポイント

 

▼キーフレームが使えるようになると、透過アイコン素材で、オリジナルのアニメーションが簡単に作れます。

ジーナ
ジーナ
キーフレームの使い方が分かれば、応用難しくありません(*’ω’*)!

 

▼キーフレームの基本的な操作方法や、その他キーフレームの設定方法へのリンクをお知りになりたい人は、こちらもご覧ください。

keyframe_キーフレーム_モーション系_操作方法_回転_拡大_縮小_フリーフォーム_位置
【キーフレーム】を使ってオリジナルアニメーションを自由自在に作成する!モーション系 キーフレーム基本操作 徹底解説 拡大/縮小(パン&ズーム)・回転・フェード・移動 ・フリーフォーム パワーディレクターソフトに標準装備のモーションを、自由に作れるとしたら便利じゃないですか?キーフレームという設定機能を使うと自由度の高いモーションが作り放題になります。パワーディレクターを使ったモーション系のキーフレームの操作方法、キーフレームとは?をまとめました。ぜひお役立てください。...

 

 

それでは、引き続き動画編集をお楽しみください(*’ω’*)☆

 

 

\4年連続国内販売シェアNO1!初心者でもすぐに使いこなせる直感操作/

パワーディレクター+フォトディレクター_バナー1     ディレクタースイート365バナー

\ お得&キャンペーン価格 /
Cyber Link (PowerDirector)オフィシャルサイト